over* 

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2008.08.07 Thursday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2007.09.07 Friday  疾走

評価:
重松 清
角川書店
¥ 1,890
(2003-08)
いやあ
おもしろかった。
上と下があるので長かったようで
短かった!
まったく飽きず、展開も速いのでどんどん引き込まれていきました。

重松清の作品は流星ワゴンを読んでいて
けっこう穏やかな 心にしみるストーリーだったので
まさかこんな作品も書いてたなんて!!
という衝撃もあります。

とにかく内容は重苦しく心に突き刺さる何か
があります。
最後の最後まで読んでいて辛かった。
かなり印象深く心に残っています。







2008.08.07 Thursday  スポンサーサイト

- . -



+ comment


疾走は 前に図書館で単行本を借りたのだけど
あまりの分厚さに 読む気が失せて
結局 読まないまま 返してしまったことがあります :-(
最後まで読んだら 絶対おもしろい…!
って わかってたのになぁ

今度 またチャレンジしてみます!
やっぱり 引き込まれるものって
内容が重かったり 心にずしっとくるものが多いですよね。。。
aya 2007/09/07 11:10 AM


ayaちゃん

ayaちゃんもこの本手にとってたんだね★
確かに単行本だと分厚いのかも!
わたしは文庫のほうを読んだんだけど
二冊に分かれてたから読めたんだと思う!

絶対にまた挑戦して欲しいなあ・・
読み終わったあとの感覚は 日常
では味わえない感覚というか
本からしか得られない感情が湧いてくる。
こんな気持ちになると本って本当に
いろんな世界が観られるなあって。
毎回浸ってます。
感情移入しすぎかな 笑






marimo 2007/09/07 11:56 PM





Profile

Category

Archives

admin